Wednesday, December 7, 2016

ヨコハマありがとう!そして完成まで。

横浜から2夜明けて朝が来ました。
僕は今まで待ってもらってた仕事をしたり、
昼間はT-Sportでサンドブラストやフィンの修理したりしています。
横浜のブースに来てくれたみなさんありがとうございました!

シャツもアイテムも想像以上に早くなくなって
サイズ欠品だらけになってしまってごめんなさい。
追加の商品が出来たらwebバージョン右側のINU STOREから入れるようにしておきますね

自分で記事を書く前に載せてもらっちゃった


http://xsurfin-birdx.blogspot.jp/2016/12/dog-tracy-hrcs-2016.html

裏から下から写真を撮ってもらっちゃいました
シンディーさんありがとうございます!

http://funnycustom.blogspot.jp/2016/12/01-yokohama-hotrodcustomshow-2016.html
ファニーさんからもお言葉いただきました。
「(ラテン系のおねえさんが)ちょっと歳食ってボリュームが出た感ぢのエロさ」
「腰回りがボリューミーでヤらしい」って、まさに目指したのはそのエロさなんだ。
タンクのリアを絞らずに、太い16インチを入れたのはそういうイメージ。
やっぱエロい人はエロさに敏感



エボフレームの大きさをそのまま使うと、どうしてもでっかくなっちゃう
でも、大きいことをネガティブな要素にしなけりゃ
ボリューム感って魅力になると思うんだ。
前作の犬号が僕より小さいバイクだったので、
僕が170センチの女の子と2人乗りしても大きさ負けしないようなのが
作りたかったんだ
「タンデムは男のロマン」っていうじゃん。




HONDAのCB系みたいなサイド周り


このエンジンはチェンカバーの塗装を剥がして
バラして塗る

研いでいます



シリンダーは綺麗。

イメージしてたよりけっこう濃い
XJRみたい



初めはこれがやりたかった76のレインボー

シャツも出来て来た

ここで半日抜けてミスミエンジニアリングに邪魔して
ブレーキの相談に乗ってもらう。
「なんだ?なにやりたいんだ?」
「ここに来たらもう解決したようなもんだから安心しろよ」
って木下社長ものすごく優しいの!
で、ミスミテクノロジーでみるみるステーが出来る!
わけもなく。
A4の紙とハサミを渡されて後ろの型紙を切るところから始めて
わざわざ新しい刃に替えてくれてコンタでアルミを切らせてもらう。
いつも型紙作って作業しててよかった〜
優しいけどもたもたしてたら怒られそうなんだもん。
社長のアイデアでアクスル周りを8mm落としてもらって
ここにステーを付けてブレーキを固定。
僕が作ったあまりカッコ良くないステーはきれいに隠れる親切設計。
やっぱりすごいや。


http://www.misumi-eg.com/page/top.html
クボちゃんに教えてもらったこのページの最下段のこれ。

前後ホイールも自分でマジックで線を引いて、その分一段落としてもらう。


T-Sportに戻ってラインを引く。
レインボーはね、僕のテクニックではまだ無理ということが判明。
きれいな平行線がフリーハンドではどうしても書けないんだ。
もしやるなら得意のステッカーで作ってもらって貼るしかない。






たまらず載せてみる

みんなが磨きやいろんなことを手伝ってくれる。

うえのエンジンとくらべてぐっとショーらしくなってきた。


おお!形が見えて来たじゃないか!

Tuesday, November 29, 2016

シート完成!


今回のモチーフは
トレーシー
そこで古いトレーシーのカタログにあったシートを復刻する
要するにパクリですね。
こなだ出て来たトレイシー先輩に
ノグチシートから送られて来たサンプルの中からそっくりなのを選んでもらって
職人さんと打ち合わせを繰り返してできたのがこれ

もう待ち切れなくてクボちゃんに何回も携帯写真を見せて呆れられたりした。









ある晴れた朝、荷物が届きました

こちらはサンダープロダクト経由AKOモーターサイクルで
素晴らしいメッキが上がって来たライザー
みなさんのおかげで部品ができてInuChopperは成り立っています。

ありがとうございます!





箱から出た図

載せてみる!

なんか生き物みたいじゃないか

このモールにケツがぷりっと乗るのがいいでしょう?


作業は続くのである

Monday, November 28, 2016

最新の状況はインスタグラムから見て下さい

さて、着々と言って良いのかギリギリな感じで進んでる犬号。
最新の写真はインスタグラムで毎日何度か更新してます。
https://www.instagram.com/inuchopper/
今日は素晴らしい鋳物の加工品が届きました。
これを横浜に持って行きます
ライザーはひとつだけメッキをかけてみました。
これがすごくいいの!
タイマカバー無地7000円
タイマカバー69が9000円
ライザーは21000円
メッキは3000円プラス
栓抜き3600円
すべて税抜きです
あとおっぱいいっぱいT限定色が10枚作りました。
イヌトレーシーTも4枚くらい作りました。
そういうわけでインスタ見てください
ではまた!
https://www.instagram.com/inuchopper/




Friday, November 25, 2016

だんだん出来て来ました

こんなことやってる場合じゃない時に限ってアイデアが出てきて困るね
数枚だけシャツとパーカ作ります。
今夜注文するので
もし欲しい人がいたらコメントかメール下さい。

Wednesday, November 23, 2016

横浜ホットロッドショー直前

いよいよあと10日
どんな状態かというと
まだこんな感じ
もうずいぶんって気もするけど
残り日数を考えたらヤバい

ブログなんて書いてる場合じゃないんだけど
まだステッカーデザイン描いたり
みんなお互い出来ることを手伝い合う条約なんだ。
去年も一昨年もタンクの溶接してもらっちゃったし

スキルのおすそ分け大会は素晴らしい。

T-Sportには毎日のようにお世話になってます。
ここで仕事をしながらバイクを作り始めて
もう1ヶ月くらいか、
実は3週間目くらいが一番キツかったな。
毎日のバイクの仕事は意外に重いものもあったりして
足腰がクタクタになっちゃう。
ふくらはぎとか土踏まずに疲労がたまってる感じでさ
ところがだんだんそれが楽になって来たんだ。
まだ回復力も順応力もそれなりにあるんだとちょっとビックリした。
でもね、作業椅子を持ち込んだり、弱そうな外人がヒザに巻いてるパッド巻いたり
地面に足を着いたりしてもいいようにして
足腰の負担を考えてはいるんだ。


そしてシールコートを吹いてからクロスを貼ってみたんだけど
これはどうやっても取れる気がしない。
そこでさらに上からビニールを被せてワックスを塗って


もう一度積層することにした。
クロスはだいたい2〜3枚しか貼ってなかったので
今度はマットを厚めに貼ってそれが本物になる。
二人がかりでマットを貼る。
この時点で僕は少し焦り気味。
マットに樹脂をサッと染ませてハケでとんとんと叩く、
その後コヤマくんが丁寧に脱泡してくれたので
けっこうサクサク作業が進んで
深夜作業でバイクの殻が出来た


これを「大きなかぶ」のお話みたいに
男が5人かかりでぐいぐいとしかし慎重に引っ張って剥がしたのがこれ!
このへんもうハイになるくらい楽しくなってる。
いや実際おかしかったなオレ。
バイク側に盛ってあるウレタンとクロスをバリバリと狂ったように引きはがす

大量のゴミが出て、コヤマ君は繊維で手を切ってしまった
ごめんね。


型を何度か載せたり下ろしたり、スポスポ出来るようになったので
さらにゴミ袋を被せて養生してシートベースを作る
平たいしこれは簡単
出来た



こっちはいらない部分を切る。
切ったらこんな感じ!
形が見えて来た

待ち切れず跨がってしまう

リアフェンダーはこのくらいでカット。
軽く見えるでしょう?

自分のもやらなきゃだけど
これは一緒に出店するゲスいあいつ、ドン吉君の
テールランプ
レンズを入れてクリップで留められるように
小さくなったサンダーで溝を彫って完成。
こっちは長さを切ってウレタンの厚みやステッチの内容を検討
食事は深夜2時に牛丼
でも昼ご飯と夕食は食べなかったり、必要な時に食べてる。


最高なテーブル
僕が作業してる間にも着々と作業は進んでる
このCBX1000
純正パニアケース付きで低走行車
前の持ち主がどうしたわけか乗らなくなって数年か。

誰かのガレージか納屋に大事に保管されてたのが、アメリカからやってきた。
キャブを掃除したら感動的な感じでエンジンが動いた。
並列6気筒
誰が第二の人生のパートナーになりませんか?

この日は明け方までやったっけな?
でそのまま朝5時くらいからシートを貼る
いろいろ仕込んで
乾燥待ち

今度はお店でこっちも乾燥待ち
シートはもう一層貼ってから
形を削る。
こんなの削るだけで粉まみれになるよ。

デザインを伝えられるように資料を用意したり指示書を書いて
送ってもらった革のサンプルから
合皮の雰囲気のあるレザーとパイピング用のパイプを選ぶ。
僕のシートオフロードもみんなお願いしてる岐阜の野口装美に送った。
これからは現場の職人さんとメールやラインのやり取りで詳細を決めながら進めてもらう。
ノグチシートって言う方が有名かなhttp://a-seat.jp
ハーレー乗ってる人より、
X-Gameやダカールラリーに出ててるHRCのシートや
BAJA1000のJCRジョニーキャンベルレーシングのシートなんかも作ってる
世界最高峰のシートブランドなんだ。
もちろんチョッパーのシートも実績がある。
おまけに友達。

というわけでよろしくお願いします!

また更新出来るかな…
これからAコウさんのデカールデザインをやります!
またね!